パソコン用語解説 TOP

このサイトについて

パソコンはデスクトップ型パソコンとノート型パソコンの二種類があります。これはあくまでも大きく分けて二種類ということですが。それぞれ性能も違うようですね。

例えばデスクトップパソコンはキーボードとディスプレイが分かれている大型のパソコンです。オフィスや家庭用として人気が高いようですが、その理由のひとつに、ノートパソコンに比べるとすべての部品が大きいので、その分性能が高いことが人気となっています。

確かに、せっかく高いお金を払って買うのですから、少しでも性能が高いパソコンが欲しいと思うのは当たり前のことかもしれません。部品ひとつひとつが大きいため、万が一部品に不具合があったときに部品の高官が出来るというメリットもあります。必要な部品を追加できるというメリットも大きいですね。

ノートパソコンも小型ならではのメリットがあります。デスクトップと比較すると部品がとても小さいので部品交換は難しいとされていますが、持ち運びができるので仕事用やプライベート用として外出先でパソコン操作ができるというのは最大のメリットとされています。

このように、デスクトップタイプとノートパソコンはそれぞれにメリットがあります。パソコンを利用するとき、どちらのほうが自分のライフスタイルに合っているかどうかを見極めてからパソコンを購入しましょう。

    パソコンに詳しくなろう

    おすすめ情報

    社内全員がデザイナーだから出来るクオリティの高いサイトを提供している楽天ショップのデザイン会社を探しているなら、豊富な実績から売上げに直結するノウハウもあり、デザインだけでなく運営面でも安心して任せる事が出来ます。
    Copyright(C) パソコン用語解説 All Rights Reserved.