パソコン用語解説 TOP > パソコンに詳しくなろう > パソコンのハードディスクについて

パソコンのハードディスクについて

パソコン用語の中にHDDというものがあります。これはハードディスクの略語として広く使われています。ハードディスクとはパソコンのデータを記憶する大切な部品となっています。

ハードディスクの仕組みですが、磁気を使ってデータを長期間記憶してくれます。ですから、パソコンの注意書きに、パソコンには磁石などを近づけないようにと記載されていますね。磁石などを近づけてしまうとハードディスクが故障してしまうためなのです。

HDDが破損した! 大切なデータが! などという声を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。そういった声を聞く機会が多いわけは、ハードディスクは大量のデータを保存するため、一番故障しやすいのだそうです。また、大変デリケートな部品なので外からの刺激に弱く、パソコンを乱暴に扱ってしまうとすぐにハードディスクが異常をきたします。

パソコンは大変繊細な機器ですので、取り扱い際には最新の注意が必要なのです。使っていると、その人にはわかるちょっとした変化があるかと思います。それはハードディスクの不具合が原因になっていることもありえますので、常にアンテナを張ってハードディスクが正常に動くように、パソコンは丁寧に取り扱いましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) パソコン用語解説 All Rights Reserved.