パソコン用語解説 TOP > パソコンに詳しくなろう > パソコンのディスプレイについて

パソコンのディスプレイについて

パソコンのディスプレイとは、画面のことを意味します。テレビとの違いですが、パソコンのディスプレイの場合、小さな文字や画像を表示するために、いわゆる解像度が重要視されます。解像度が低ければ、文字が歪んで読めなくなりますし、画像もつぶれて見えにくくなります。そのため、かつてのテレビと比較すると解像度が高いのがパソコンのディスプレイでした。

しかし時は流れ、テレビもブラウン管からデジタル放送へ移行しました。パソコンのディスプレイ同様、高い解像度が求められるようになったのです。そのため、今はパソコンのディスプレイと液晶テレビでは、解像度にさほど変わりがなくなってきたと言われています。

もともとパソコンのディスプレイは解像度が高いものが主流なので、時代の流れと共にブラウン管のディスプレイから液晶のディスプレイに姿を変えた変化が、パソコンに詳しくない方でも理解しやすい変化かもしれませんね。

まだブラウン管のディスプレイだった時代は、その重さから、買ってすぐに持ち帰ることが困難なこともありました。そのため、会計した後に自宅に届けてもらうことが多かったのです。しかし、液晶タイプになってからは薄くて軽いものが主流になっているので、買ったその日にその場で持ち帰ることができるというメリットにユーザーの多くは大満足しています。

    あなたにお薦めWEBインフォメーション

  • 企業戦略としてインターネットを利用して成果を上げたい場合や予算組みをしっかりと整備してWeb戦略をおこないたい場合など福岡市のホームページ制作会社なら、メディア戦略を踏まえた提案が可能なのでオススメの会社です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) パソコン用語解説 All Rights Reserved.