パソコン用語解説 TOP > パソコンに詳しくなろう > パソコンのCD・DVDドライブについて

パソコンのCD・DVDドライブについて

パソコンにはCDドライブ、DVDドライブがあります。CDを読み込むものがCDドライブ、DVDを読み込むものがDVDドライブです。

CD-ROM:CDを読み込む
CD-R:CDを読み込む CDに書き込める
CD-RW:CDへの書き込み、CDへの書き換えができる
DVD-ROM:DVDのビデオやソフトが使用可能
DVD-R・DVD-RAM:DVDへの書き込み可能

これ以外にもまだまだ多くの種類があります。すべてを理解するのは難しいかもしれませんが、自分がパソコンを使うとき、どんな機能があれば助かるか、そこを基準にパソコンを選ぶと難しく考えなくていいかもしれません。それぞれの種類にメリットがありまして、そのメリットをひとつひとつ理解することで、自分の理想とするパソコンを探し出すことができることでしょう。

記憶の容量についてですが、やはりCDよりもDVDのほうが容量が多いので、今の時代はDVDドライブが好まれる傾向にあります。容量が多い分、CDドライブに比べるとDVDドライブのほうが高いのですが、パソコンを使い続けていると、記憶させる容量のことがネックになる場面がでてきます。簡単に買い換えるのは難しいですから、実際にパソコンを買う前に、CDドライブで充分なのか、後々のことを考えてDVDドライブのほうがいいのか、しっかり考えてから購入を決断しましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) パソコン用語解説 All Rights Reserved.