パソコン用語解説 TOP > パソコンに詳しくなろう > パソコンのハードウエアについて

パソコンのハードウエアについて

パソコン用語は聞いたことがあるけれど、それが何を意味するのか分からないという方も多いことでしょう。パソコン用語のハードウエアというのは、パソコンそのものの部品を総称したものなのです。ハードウエアはパソコンの部品すべて、ソフトウエアはパソコンを動かすためのデータ、ということになります。

ハードウエアは大変多くの部品でなりたっています。例えば、バイクや車、自転車なども多くの部品でなりたっていますね。パソコンも同じなのです。外側のカバーがあって、内部に細かい部品があって、それらがひとつにまとまってパソコンという姿になっています。

先にもお話しましたが、ディスクトップ型のパソコンのハードウエアは、部品ひとつひとつが大きいので部品の交換も簡単です。そのため、パソコンのハードウエアが原因で不具合が起きている場合は部品を交換すればすぐに修理が終わります。また、乗り物の場合はカスタムができるように、パソコンも様々なパーツを付け足すことで使用用途が増える、性能バツグンのパソコンへと変貌を遂げることもあります。

パソコンに関して何も分からないというよりも、少しずつ知識を学び、自分が納得のいくパソコンにカスタムするのも楽しいかもしれませんよ。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) パソコン用語解説 All Rights Reserved.